• 保育士を養成する専門学校の魅力

    保育士を養成する専門学校には数多くの魅力があります。

    話題になっている保育士専門学校の知識を持つことが重要です。

    まず、所定の単位を修得し、卒業すると、「国家試験」等を受験することなく、、卒業と同時に自動的に保育士の国家資格を取得することができることです。
    女性の社会進出や国が推進する働き方改革のもと、国民の働き方が多様になり、子どもを保育所に入所させたい親が急増しており、保育士の求人はたくさんあります。



    したがって、資格を持っていると保育所はもちろんのこと、認定子ども園や児童福祉施設、児童デイサービスといった様々な分野で活躍することができます。
    そして、複数の職場から自分にあったところを選ぶことができます。



    特に、専門学校では、様々な保育現場と連携していますので、在学中に児童福祉に関する多くの現場を知ることができ、自分にあった進路を見つけることができます。
    また専門学校の教員は児童福祉の専門家ですので、卒業後も、子どもの処遇で疑問が生じると、プロとして相談にのってもらえ、保育士として成長する手助けの役割も担って下さるのも魅力です。
    また、在学中にできた仲間で、卒業後も勉強会を実施し、自らの保育スキルを高めるのに非常に役立ちます。


    確かに、国家試験でも保育士の資格は取得できますが、このような人的つながりを持つことができません。しかし、専門学校に通って資格を取得すれば、教員や在学生時代の仲間との人脈の中で、就職後もお互いを高めあうことができ、この魅力はプロとして成長する為に大きなものです。