• 専門学校で保育士の資格取得するメリットとデメリット

    基本的な生活習慣を身につけさせたり、子供の身の回りの世話、子供と遊びをしたり、集団生活をさせて社会性を身に付けたりするのが保育士の主な仕事内容です。


    一日の仕事のスケジュールは出勤から始まり、バスなどで子供たちを迎えに行き、朝礼などをします。他にも朝の会や体操、自由時間で子供たちの遊び相手をしたりして子供たちの面倒を見ます。

    一流の保育士専門学校の詳細についてはこちらです。

    お昼は昼食の準備を行い、手洗いやうがいなどの衛生面に気をつけて、昼食を食べます。


    昼食後に歯磨きをして、パジャマなどを着替えさせる手伝いをし、お昼寝の準備をします。最後に子供たちが目を覚ましたら、おやつを一緒に食べたり、自由時間でまた遊んだりして片付けをし、保育士の一日は終わります。



    保育士は女性に人気の仕事です。

    どうすればなれるのかというと、保育士養成施設などの大学を卒業するか、短期大学を出るか、専門学校で資格を取得する方法もあります。


    専門学校では保育現場で働く講師が多いので、専門的で、実践などを学べる機会が多く、メリットが大きいです。



    また、卒業してすぐに即戦力として重宝されるのは専門学校卒の人の場合が多いのでそういった理由もメリットの一つです。

    ただデメリットとしては2年で学ばなくてはならないので大学の養成施設よりはハードスケジュールになります。
    時間に余裕がない人、主婦や社会人が通うのは難しいです。他にも保育士の資格を取る場合、通信制の専門学校や、通信教育などでも資格を取得することが可能です。