• 専門学校で保育士になるメリットとは

    • 保育士になるには専門の養成機関を卒業する方法と国家試験を受験して合格する方法の2種類があります。
      保育士の養成機関には4年制大学、短期大学、専門学校があります。

      保育士専門学校の便利な情報を集めたサイトです。

      短期大学でも専門学校でも2年で卒業できるという点では変わりありませんが、どのような違いがあり、それぞれどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

      まず短期大学ですが、学位が取れることや幼児教育以外の学部のある学校の場合は保育以外の科目が学習できるという点がメリットとして挙げられます。



      学校によっては4年生大学への編入が可能なので、より深く保育について学びたい場合や進路変更したい場合にも対応が可能です。

      一方、専門学校はその名の通り特定分野について専門的に学ぶ学校です。



      そのため保育以外の進路に途中から変更することはできません。

      しかし短期間で効率よく単位取得ができるので、保育士として早く現場で働きたい人には向いているといえます。

      保育士を養成する専門学校には厚生労働大臣の指定を受けた指定校と、指定を受けている短期大学での単位の取得が必要な併設校の2種類があります。学校によっては3年をかけてじっくり資格取得のできるところや幼稚園教諭資格も取得できるところもあります。
      また、夜間課程を設けている学校では日中働きながら保育士資格の取得ができるコースもあります。

      興味を持った専門学校があればよく調べてみて、本当に自分にあった学校を探して入学することが大切です。

  • 資格関係の情報

    • 専門学校で保育士の資格取得するメリットとデメリット

      基本的な生活習慣を身につけさせたり、子供の身の回りの世話、子供と遊びをしたり、集団生活をさせて社会性を身に付けたりするのが保育士の主な仕事内容です。一日の仕事のスケジュールは出勤から始まり、バスなどで子供たちを迎えに行き、朝礼などをします。...

  • 資格の常識

  • 資格の重要知識・資格が気になる方

    • 保育士を養成する専門学校の魅力

      保育士を養成する専門学校には数多くの魅力があります。まず、所定の単位を修得し、卒業すると、「国家試験」等を受験することなく、、卒業と同時に自動的に保育士の国家資格を取得することができることです。...

    • 保育士資格を取得するために専門学校に通おう

      保育士になりたい、資格が欲しいと思った時にまず思いつくのが、大学や短大に通って勉強し資格を取得する方法ではないでしょうか。もちろん方法は一つではなく、他には独学や資格取得向けの塾に通って勉強をして試験を受ける方法もあります。...